【AFSL1部2019 第3節インタビュー】voce e amador/イナスタ 吉田 俊介選手「一戦一戦、集中して奢らず泥臭く戦います!」

ピッチに立てば結果を出す男 吉田選手

愛知県1部第3節、第3試合はvoce e amador/イナスタ 対 Dogosta刈谷のカード。技術、フィジカル、スピード感のあるフットボールの魅力が詰まった戦いとなった。開始直後からヴォセのプレスで相手に自由を与えないと、サイドから仕掛けにいく。対するDogostaも球際で負けない力強さを見せる。すると、Dogosta香川選手が裏に抜けたボールをきっちりきめて先制。しかし、ヴォセは慌てずに攻めのリズムを崩さない。前にいる選手の献身的な走りに加え、縦・横のパスや突破など多彩な崩しで連続得点、失点から7分で4得点で一気に逆転で前半を折り返す。後半、Dogosta篠川選手、高木選手など打開力のある選手が存在感を見せて1点を返すも、ヴォセも押し込まれている流れを断ち切る吉田選手のゴールで対抗。残り時間もゴレイロ戸田選手を軸にきっちり守り試合終了。5-2でヴォセが勝利、連勝記録を3に伸ばした。
この試合、両足から繰り出すパス・シュートで相手を苦しめ、2得点2アシストの活躍を見せたvoce e amador/イナスタ吉田選手に話を伺った。

-試合、お疲れさまでした!まずは、5-2で勝利しました本日の試合の感想を教えてください!

久しぶりのリーグ戦という事で、難しい試合になる事は予想していました。勝点3が取れて良かったです。

 

-試合前に話した際にここ1カ月身体を作ったとのことでしたが、この試合にはどんな心境で臨んだのでしょうか?

練習に参加できない日があったので、身体作りをしました。前節で大怪我を負った選手、仕事でチームを離れる事になった選手の為にも絶対に落とせない試合だったので出来る限りの事はやろうと考えていました。

 

-voce e amador/イナスタの攻撃について、よく走る選手もいれば、後ろでゲームを作れる選手など戦術に幅を感じさせてくれます!
攻撃面でチームとして強みと感じているのはどんなところでしょうか?

チームとしてアグレッシブな守備から奪ってカウンターに強みを感じています。出場している全選手が得点を記録しているところもチームの強みです。

 

-今シーズンここまで3連勝、最も勢いのあるチームの一つだと思います!
吉田さんがリーグの中で意識しているチームはありますか?

ジョイフットさんが技術戦術共に高いレベルのチームだと感じています。ユニアオさん、名古屋オーシャンズU21さんも若い選手だけど戦術の狙いを感じる、素晴らしいフットサルをしている印象です。

 

-次節は今節の初勝利で勢いに乗るJack futsalが相手です!意気込みをよろしくお願いします!

一戦一戦、集中して奢らず泥臭く戦います!

 

-ありがとうございます!

 

 

欠場やチームを離れる選手がいても出場した選手が点がとるvoce e amador/イナスタ、チーム力の分厚さが伺える。開幕に欠場していた吉田選手がまた第一線で活躍することでまたヴォセの怖さが増すだろう。

関連記事一覧