【AFSL1部2019 第3節インタビュー】Jack futsal 西川 斗希選手「しっかりと実行してくれる選手と戦えてる事に喜びと感謝を感じてます」

ピッチに登場したJackの指揮官 西川選手

愛知県1部第3節の第2試合、Jack futsalはFutsal Clube UNIAOと対戦。連敗を脱したい両チームの対戦は開始直後からJackの攻撃が続く。ボールを支配して相手ゴール前に迫りながら久野選手、原田選手を中心にシュートまでいくと、前半10分に原田選手が決めて先制。対するUNIAOもゴレイロ早川選手のセーブで耐えると、マイボールで渡邉選手を中心に突破をはかるも決めきれず前半終了。1点差という先に点を奪ったほうがゲームの流れを大きく引き寄せる状況下で、先に試合を動かしたのはJackだった。監督も務めながらピッチに立つ西川選手が前で奪ってきっちり決めると、その後も西川選手が得点を重ねる。UNIAOも連携を伴う懸命な走りをみせるも力及ばず、そのまま試合終了。4-0でJack futsalが完封、1部リーグ初勝利をものにした。
この日、ピッチ上でもメンバーに指示を送りながらも
ハットトリックの活躍を見せたJack futsal西川選手にインタビューを実施した。

-試合お疲れさまでした!まずは、4-0で勝利しました本日の試合について、感想を教えてください!

やっと今シーズン初勝利で素直に勝ててホッとしてます。
選手、スタッフ、応援に来てくれた方々のおかげです。
本当に感謝してます。

 

-2連敗でこれ以上負けられない中、今節は完封勝利となりました!
この試合、これまでの2試合と結果が違ったのは何が違ったのでしょうか?

先ずは、今節から監督兼任選手として試合に望みました。
ピッチの外から指示や修正がなかなか上手くいかない開幕から2試合だったので、そこのストレスを無くす為にピッチに立つ事にしました。
要所、要所で試合のペースをコントロールできた事が初勝利に繋がったと思います。

 

-前半、たくさんの決定機がありながらも決めきれないまま1得点でしたが、後半はしっかりと得点を残せました!
後半に向けて、何か戦術や意識を変えたのでしょうか?

今シーズン、決定機を決めきれない事に本当に悩まされています。
ハーフタイムに前プレから奪ってゴールを取る事がチームとして最大のテーマだと確認しそれが後半すぐに実行できた事で流れに乗る事ができたと思います。

 

-西川さんはピッチに立ちながらも、選手交代の指示もしたりで、たくさんの役割をこなしていますね!
その中で一番喜びを感じるはどのような瞬間でしょうか?

自分の喜びは難しいですね。
本当に沢山の事で必死で手一杯な状態なので。
ただ、その中でみんなの心の広さに喜びを感じていますね。
どうゆう決断、判断をしてもしっかりと実行してくれる選手と戦えてる事に喜びと感謝を感じてます。

 

-次節の相手は連勝中のvoce e amador/イナスタです!意気込みをよろしくお願いします!

個人的には、経験も勢いもあるチームと試合ができる喜びやワクワク感で楽しみです。
監督としては、勝つ為のプランを考えるのに悩まされます。
しっかり勝てるように頑張ります。
応援宜しくお願いします。

 

-ありがとうございます!

 

 

前半の再三の決定機を決めきれない状況下で、後半自ら3得点をあげてチームに初勝利をたぐりよせた西川選手。彼の活躍もあり勢いと自信を増すチームだが、まだまだ続く熾烈な順位争いを戦い抜いてほしい。

関連記事一覧