【AFSL1部2019 第4節インタビュー】voce e amador/イナスタ 伊藤 大悟選手「今年こそという気持ちはどのチームより強い」

攻守にわたりランニングでチームに貢献 伊藤選手

愛知県1部第4節、首位争いを繰り広げるvoce e amador/イナスタは今季1部昇格のJack futsalと対戦。試合は開始直後からアグレッシブさが真っ向からぶつかる激しい展開に。Jack久野選手が前線で巧みなボールさばきでDFをかわし相手ゴールを狙うと、ヴォセも吉田選手や川畑選手などのシューターが果敢に得点を狙いに行く。先に試合を動かしたのはヴォセ。前半6分に岩井選手がスキルを活かし決めると、7分にも伊藤選手がクロスに走り込みながら豪快に蹴り込み追加点。その後ヴォセペースが続く前半だったが、Jackも第2PKの流れから押し込んだ西川選手のゴールが決まり、3-1で前半を折り返す。後半もヴォセの伊藤選手、小川選手が相手陣内で躍動。走力と勢いの落ちないヴォセが流れを作り追加点でリードを広げる。Jackも水谷選手、西川選手を軸に後ろから打開をはかるも、後半16分久野選手の一撃に留まり、試合終了。6-2でヴォセが勝利、連勝記録を4に伸ばした。
この試合でチームの2点目を決め、特に相手陣内でおおく走り攻守にわたり存在感を見せたvoce e amador/イナスタの主将 伊藤選手にインタビューを実施した。

-試合お疲れさまでした!まずは6-2で勝利となった試合について、感想をお願いします!

ファウルが重なってしまって苦しい展開にしてしまいましたが、勝ち点を取りきれてホッとしています。

 

-開始直後から真っ向勝負してきた相手とじりじりした展開でしたが、チームの2点目となる豪快なダイレクトシュートでベンチを大きく沸かせました!
得点を振り返っていかがでしょうか?

いい形で自分の所にパスがまわってきたので思い切り振りました。ボレーの練習をよくやっていたのでよかったです。

 

-伊藤選手について、攻撃では起点になったり、ファーサイドへのラン、守備でもスピーディな寄せ、そして前節と今節は腕にキャプテンマークをつけたりと多くの場面で存在感を感じます!
チームにはどんなところで貢献をしたいと考えていますか?

とにかく走ることと切り替えの早さです。
昨年から加入したにも関わらず、キャプテンマークを巻かせてもらうなど、チームのみんながよくしてくれることに感謝してプレーしたいと思ってます。

 

-今シーズンのチームについて、4節を消化して全勝街道を突き進んでいます!
個人的な現在の心境としては期待と不安、どちらが大きいでしょうか?

期待が大きいです。今年こそという気持ちはどのチームより強いと思います。

 

-次節はFC JOYFUT戦です!意気込みをお願いします!

何がなんでも勝ちます!

 

-ありがとうございます!

 

 

伊藤選手の走る姿勢は連勝で勢いに乗るvoce e amador/イナスタのアグレッシブさを際立たせる。彼を突き動かすのはキャプテンとしての責任と勝利を欲する気持ちだろう。勝ちを重ねるチームと伊藤選手の更なる活躍に期待だ。

関連記事一覧