• イベント
  • フットサルデザイン主催のイベント情報です

【木曽川30・40リーグ】第3節結果 他チームの反撃を抑え込んだOSTIAが2度目の頂点に輝く!!

参加希望チーム・問い合わせはこちらから。


フットサルデザイン×木曽川フットサル工場 30・40リーグ 第3節結果

9/4(水)に木曽川フットサル工場にて木曽川30・40リーグ2019.7~の第3節が実施された。

この日の様子はこちら
木曽川30・40リーグ 2019.7~ 第3節_20190904

初戦、優勝の可能性のこし絶対勝利が必要なチームMはOSTIAと対戦。
OSITAの立ち上がりの油断をねらったチームMだが、勝ちに来るOSTIAも得意のスピード感あるフットサルで対抗。しかしチームM得意の2点ゴールで流れを呼び込むとそのまま試合が決まり、7-4でチームMが勝利した。
それでも優勝に最も近いOSTIAがそのまま崩れることはなかった。neo praiyaに対し足技と多彩な攻撃でゴールに迫ると得点を量産。 さらに守備も集中を切らさず、7-3でOSTIAが勝利。これによりOSTIAが今シーズン優勝を決めた。

勝って優勝争いに食い込みたい両チームのカードとなったneo praiya – STAPLY/epsilonのカードはneo praiyaもバランスの取れたフットサルをSTAPLY/epsilon自慢の2点ゴールが切り裂く。得点を重ねてSTAPLY/epsilonが6-3で勝利した。
勢いに乗ったSTAPLY/epsilonはその後チームMに対しても真っ向勝負。技とプライドをぶつかり合う対戦は互いに集中した守備をみせて2-2のドローでフィニッシュ。
さらに最終戦でOSTIAに対しても長短交えたパスワークで相手の隙をつく2点ゴールをうまく活用、流れを持ちこみ9-5の乱打戦を制した。この日だけで勝ち点7を積み上げる復調の予感を感じさせつつ3位でシーズンフィニッシュとなった。

夏の暑さにもまけず必死にボールを追いかける木曽川30・40リーグはいくつになっても楽しめるフットサルの可能性を十二分に感じさせてくれる。経験値のあるフットサラーに囲まれながらも自分たちのフットサルを貫き、見事2度目の頂点に輝いたOSTIAに更なるエールを送りたい。

次シーズンは早速10月より開幕予定!新規エントリーチーム、募集中です!
詳細はこちら → フットサルデザイン×木曽川フットサル工場 30・40リーグ、参加チーム募集!

OSTIAの皆さま、優勝おめでとうございます!

参加チームによる集合写真

得点王:2名 14ゴール
チームM 小林選手(写真左) 長い脚を活かしつつ、抜群のポジショニングで2点ゴールを量産
OSTIA 長屋選手(写真左) DFを振り切る一瞬のスピードとゴールへ向かう積極性が光る

第3節 試合結果

  • 21:10~ チームM 7-4 OSTIA
  • 21:30~ neo praiya 3-6 STAPLY/epsilon
  • 21:50~ STAPLY/epsilon 2-2 チームM
  • 22:10~ neo praiya 3-7 OSTIA
  • 22:30~ チームM 10-2 neo praiya
  • 22:50~ OSTIA 5-9 STAPLY/epsilon

第3節終了時 順位表(勝ち点、得失点、試合数の順)

1 位 OSTIA ( 16 , -7 , 9 )
2 位 チームM ( 15 , 11 , 9 )
3 位 STAPLY/epsilon ( 13 , 12 , 9 )
4 位 neo praiya ( 7 , -16 , 9 )

第3節終了時 得点ランキング

関連記事一覧