【AFSL1部2019 第1節インタビュー】Freccia Okazaki 野々山 航選手「積極的にシュートを打つことで、試合を変えれて良かった」

耐えるところで耐え、決めるところで決める 野々山選手

愛知県1部リーグ開幕節最終試合、INFINI – Freccia Okazakiのカードはスキルを有しながらも昨シーズン思うように勝ち点を積むことができなかった同士の対戦。開始直後からINFINIがボールを回しからゴールを狙いに行くも、Freccia Okazakiの守備陣は慌てずに対応。ゴレイロ松崎とも連携しながら相手にゴールを許さない。すると、前半終了間際にFreccia岩瀬選手がカットから持ちこみ左にきめて先制。さらに後半開始直後にも野々山選手がずらして右足で打ち込んで突き放す追加点。そこからは猛反撃のINFINI。中野選手、伊藤選手が何度も相手ゴールを脅かすシュートを繰り出し後半だけでも21本のシュートを記録するも、得点は後半9分INFINI小池選手の1ゴールにとどまり、2-1で試合終了。Freccia Okazakiが白星スタートに成功した。
この試合、後半開始直後のゴールで勝利を大きく近づけたFreccia Okazaki 野々山選手にインタビューを行った。

ー試合、お疲れさまでした!まずは2-1というスコアについて、感想を教えてください!

メンバーの勝ちたい気持ちが相手チームよりまさった結果、このスコアに表れたと思います。
4連敗をしていた相手だったので、この勝利はとても嬉しかったです。

 

ーボール支配やシュート数を見てもかなり相手に押し込まれる時間帯が長いように感じました!
守備についてはチームでどのように話していたのでしょうか?

あらかじめ、ボールを支配されることは想定していたので、数的不利を作られないように飛び込まず、我慢した守備を心がけていました。
前半は特に失点しないことを目標としていた為、出来るだけセーフティなプレーをし、プラン通りに試合を運べたと思います。

 

ー後半開始早々の野々山さんのゴールについて。一瞬マークが外れた瞬間の右足で、積極性が実ったゴールでした!振り返っていかがでしょうか?

後半はファーストチャンスで必ず打とうと考えていた為、最優先でシュートを選択しました。
納得のいくシュートではなかったですが、積極的にシュートを打つことで、試合を変えれて良かったです。

 

ー今シーズンはベンチの人数も増えて、戦い方に厚みが出たように感じます!
野々山さんが思う、チームの強みはどういったところでしょうか?

まだまだ未熟ですが、公式戦を通して、徐々に成長している選手も多いです。
個で仕掛けることができる選手が多いので、どこからでも点を取れるところがチームの強みだと思います。

 

ー次節のFC JOYFUT戦に向けて、連勝をかけた意気込みをお願いします!

まだ次節まで1ヶ月あるので、しっかり相手を分析して、練習に取り組んで行きたいと思います。

 

ーありがとうございます!!

 

 

我慢の展開のなかで狙っていたシュートチャンスを得点へと繋げた野々山選手の貢献度は大きい。野々山選手はじめ、対人スキルを活かした試合運びを見せてくれたFrecciaの今シーズンに期待だ。

関連記事一覧