【愛知県1部第5節インタビュー】PRIDE/futsal arena 今枝 郁巳選手「監督、チームメイト、応援してくれている人達、家族に結果という形でやっと貢献できた」

PRIDE主砲のアタッカー 今枝選手

愛知県1部第2試合、PRIDE/futsal arenaは上位争いを繰り広げるFC JOYFUTと対戦。攻撃的な両チームの対戦は開始3分で両チーム得点して1-1の展開に。その後6分PRIDE今枝選手が持ち込み左足で決めると、13分にもフリーキックからのパスをダイレクトで豪快に蹴り込み2点目。FC JOYFUTもボールを回す時間を長くするも、PRIDE/futsal arenaもタイトな守備でいい形でのフィニッシュをさせずPRIDE2点リードで前半を折り返す。シュートシーンを増やしたいFC JOYFUTは積極性を見せて、岡田選手、森選手、松尾選手を中心に得点を狙いに行くもPRIDEゴレイロ平松の牙城を崩しきれないまま時間が経過。そんな中PRIDEの追加点で4-1とすると、FC JOYFUTも試合終了間際に1点を返すにとどまり4-2で試合終了。PRIDEが今季2勝目をあげた。
この試合、得意の左足シュートから2得点を上げて勝利を大きくたぐり寄せたPRIDE/futsal arena今枝選手から話を伺った。

-試合、お疲れさまでした!まずは4-2で勝利しました試合の感想を教えてください!

相手は上位ということで難しいゲームになると思っていたので勝てることができてよかったです。

 

-シーズン途中加入ですが、試合を重ねるごとに今枝選手らしい力強さを感じる場面が増えているように思います!
力強いシュートで2得点、振り返っていかがでしょうか?

シーズン途中加入にもかかわらず快く迎えてくれた監督、チームメイト、応援してくれている人達、家族に結果という形でやっと貢献できたのかなと思います。両得点共に自分の特徴を活かした得意な形だったので決まってよかったです。

 

-チームについて、要所で相手に自由を与えない守備と高い個のスキルを活かす攻めなど、バランスの良さを感じます!ご自身はどこでチームに貢献したいと思っていますか?

まず守備に関してはまず一対一で絶対負けないことで貢献できるようにしたいと思ってます。
攻めに関しては自分の得意な左足を活かしてパス、シュートで貢献したいと思ってます。

 

-5試合を終えて、苦しい幕開けから2勝2敗1分の6位まで順位を上げてきました!現在のチーム状態はいかがでしょうか?

チームの雰囲気は練習からとても良く加入後調子は上向きになってきていると感じています。
優勝は厳しいですがチーム力を高めて一つでも順位を上げていきたいです。

 

-次節、名古屋オーシャンズ U-21戦に向けて意気込みをお願いします!

相手は若く成長著しいチームで間違いなく苦戦するとおもいますが勝利目指して頑張りたいと思います。

 

-ありがとうございます!!

 

 

今枝選手の左足から繰り出される強烈なシュートはチームに得点をもたらすだけでなく、笑顔や勢いを生み出す。シーズン残り試合でもまだまだ得点をあげていくに違いないだろう、対戦チームには要注意人物の一人だ。

関連記事一覧