【AFSL1部2019 第2節インタビュー】PRIDE/futsal arena 松本 晃広選手「一人一人の頑張りがチームとしての雰囲気を良くしてる」

首位を行くチームに弾みをつける活躍 松本選手

愛知県1部リーグ第2節、開幕スタートに成功したPRIDE/futsal arenaはFutsal Clube UNIAOとの対戦。開幕の緊張から解き放たれて、チームの真価が問われる第2節は予想だにしない大差がつく結果となった。開始直後からゴールを狙いにいくPRIDEは開始1分で2本のシュートを放つ。すると、4分にPRIDE松本選手がクロスを中であわせて先制。その後も攻め手を緩めないPRIDEは前半だけで23本のシュートを放ち5-0のリードで折り返す。このままでは終われないUNIAOは後半に反撃の機会をうかがう。前からくるPRIDEのプレスの裏を狙いにいくと、巽選手が配球し、林選手が前線で存在感を出すパフォーマンスを見せる。がなかなかPRIDEの集中した守備網を崩せない。すると足が止まり始める試合終盤にPRIDEが今枝選手を軸に得点を重ね、終わってみれば10-0でPRIDEが完封勝利をあげた。
この試合、最後まで精度の高いプレーを維持して、先制点ふくめ4得点の活躍をあげたPRIDE/futsal arena 松本選手にインタビューを実施した。

-本日の試合お疲れさまでした!まずは10-0というスコアについて、感想を教えてください!

練習参加の人数が多く、よくコミュニケーションが取れてるためチームの雰囲気が良く、その勢いが試合にそのまま出た結果だと思います。
あと、人数が多い分、試合に出る為の一人一人の頑張りがチームとしての雰囲気を良くしてると思います。

 

-ベンチ入りメンバー全員が出場しみんなが活躍する中で、松本さんは4得点でした!
結果を出せたのは何が良かったのでしょうか?

フットサルをやっていない時期があって、体が重かったんですが、得点もでき、動けるようになってきたんだと思います。チームみんなのサポートに感謝してます。多分このチーム、メンバーでなければフットサルをやっていないと思うので。
なので、4得点はみんなのおかげということにしておきます!笑

 

-この2試合で15得点0失点とこれ以上ない結果です!
今、チームであがっている課題や修正点はどんなことでしょうか?

元々、個の力があるチームだと思うんですが、最近は戦術にも力を入れてます。
まだまだ身に付いていない部分が多いので課題でもあり、修正点でもあると思います。

 

-松本さんのプレーについて。
高いキック精度、足元のボールさばきなど多くの場面で活躍していますが、どんなプレーでチームに貢献したいと思っていますか?

得点に絡むプレーがもっとできればいいですね。あと、チームで最年長の年代なので、プレー以外のところでも貢献ができればと思ってます。

 

-次節はFreccia Okazakiとの対戦です!意気込みをお願いします!

今のチームの雰囲気をそのままに連勝できるように頑張ります。

 

-ありがとうございます!!

 

 

今シーズンここまで安定感のあるゲーム運びを見せるPRIDE/futsal arena、松本選手のスキルやメンタル面など多方面での貢献もその要因の一つだろう。勢いづくPRIDEと松本選手の躍動に引き続き注目していきたい。

関連記事一覧