【AFSL1部2019 第1節インタビュー】FC JOYFUT 山田 晃司選手「チームとしてまだまだ成長していける」

後ろでチームを支え、開幕スタートに大きく貢献 山田選手

愛知県1部リーグ開幕節。今シーズンも優勝候補の一角FC JOYFUTは昇格の勢いに乗るJack futsalとの対戦。開始2分に左からのクロスをFC JOYFUT森選手があわせて先制すると、多くの選手がボールにからむ回しで相手陣内に攻めいる。Jack futsalも持ち前のアグレッシブさで反撃。前線までボールを運んではシュートでフィニッシュで終える。両チームとも身体をぶつける展開が続く中、FC JOYFUTゴレイロ山田選手の活躍もあり、2-0のFC JOYFUTリードで前半終了。後半、積極性を落とさないJack futsalが攻めると久野選手が右足で決めて1点を返す。しかしさらに追加点が必要で前のめりになったJack futsalのパスをFC JOYFUTがカットから得点を重ねる。終わってみればベンチメンバー全員がピッチに立つ全員フットサルでFC JOYFUTが4-1で勝利した。
この試合、後半途中までJack futsalの攻撃を1失点に抑え、チームに流れを呼び込んだFC JOYFUTゴレイロ山田選手にインタビューを実施した。

ー試合、お疲れさまでした!まずは本日の試合について、感想を教えてください!

まずは開幕戦を勝つことができてホッとしています。また、今日は登録選手全員が出場できたこともよかったと思います!

 

ー開幕節、昇格の勢いにのるチームとの対戦でやりづらいところもあったと思います!
Jack futsal対策として、何か準備や警戒していたことはあったのでしょうか?

Jack futsalさんは昇格チームで勢いがあると思っていたので、相手のペースにのまれないでやることと、走れるチームだと思っていたのでかき乱されてバラバラにならないような守備をしていきたいと思っていました!

 

ープレスを回避しながら、動きの中で多くの選手が絡み崩しを狙うのが見ていて気持ちがよかったです!
新加入の選手の馴染み具合ふくめ、チーム状況はいかがでしょうか?

新加入選手についてはJOYFUTのサインプレーや戦術に慣れるために努力していると思います。即戦力の選手とまだまだ馴染むのに時間がいる選手といますが、新加入選手が努力することで今までいたメンバーの士気を高めることにもなるので、チームとしてまだまだ成長していけると思います!

 

ー山田さんは再三のシュートを防ぐだけでなく、飛び出してクリアやキャッチして攻撃に繋げたり、幅広くチームに貢献していたと感じます!
個人的なシーズン目標などはありますか?

最少失点で優勝することです!その為にチームに貢献できるようなプレーを続けていくこと、また怪我をしないことが必要だと思います。

 

ー次節は同じく開幕勝利のFreccia Okazakiが相手です!意気込みをお願いします!

お互い開幕戦の勝利を繋げる大切な試合だと思うので、今日以上のプレーをする為にしっかり練習して、勝ちにこだわっていこうと思います!

 

ーありがとうございます!!

 

 

リードの状況下で積極的な飛び出しやシュートキャッチで相手の反撃の芽を摘み、強い存在感をみせた山田選手。後ろからのサポートがFC JOYFUT攻撃陣を勇気づけていることは言うまでもない。

関連記事一覧